サイトマップ

印刷

学校経営計画

令和2年4月       校長決定

令和2年度  東京都立花畑学園  学校経営計画

 
 令和2年度開校した本校は、肢知併置校として肢体不自由教育部門、知的障害教育部門それぞれの有する専門性を、協同・相乗させ、より質の高い専門的な知識や技能へと発展させて行き、それ らを十分に発揮した教育を推進していくことが求められる。そのためにも、多職種が協同し、互いを高め合い、結束力の強く固い教職員集団となって、その使命を果たすことが必要である。
 本校が、「肢体不自由教育部門と知的障害教育部門の強固な結束力を構築し、専門性の相乗効果、協同体制による発展的な効果による授業展開」を進めていくためにも、「東京都教職員『ライフ・ ワーク・バランス』推進プラン」に基づく、働き方改革の推進が不可欠である。教職員一人一人が 自らのライフとワークを積極的にマネジメントする中で、そこから創出された時間を有効に活用し、 生活(ライフ)と業務(ワーク)の調和を図り、双方の充実につなげていくことが大切になる。「ラ イフ・ワーク・バランス」の推進、そしてライフとワークをマネジメントすることにより、業務(ワ ーク)以外の生活(ライフ)の充足感が活力となって、教職員一人一人が専門性を発揮しやすい状 況となっていく。それらは、発想豊かな授業づくりが可能となり、学級事務を始めとする様々な校 務の効率化、円滑な多職種の協同等を実現し、個々の教職員の強みや魅力が高まること、学校の専門性やチーム力が増幅されることにつながる。そして、それらが本校の強みとなって、児童・生徒 の願いをかなえる学校となり得ることが可能となる。
 令和2年4月、新たに誕生した花畑学園は、全教職員が経営参画し児童・生徒、保護者、都民か ら求められる学校としての責務、役割を十分に発揮できる、こうした学校経営を推進していく。

1 本校の教育

1  本校の理念

□ 『SPARK JOY』ときめき ~  期待と喜びで胸躍る、心からの笑顔をつくる学校  ~
 

2  本校のビジョン

□児童・生徒が「希望に溢れ・創造豊かに・友情厚く」未来に向かって伸び伸びと育ち、花畑の地 から社会に参加し、貢献できる人材を育成することで、花畑学園は共生社会の実現に貢献する。


3  本校のコンセプト

□「本校は併置する教育部門、それぞれの有する専門性を協同・相乗させ、個々の障害の状態等に 応じた教育、一人一人の可能性を最大限に伸長する教育を展開する」


4  本校の行動指針

(1) 児童・生徒を第一とし、常に授業力向上に努める。
(2) わかりやすい授業を創ることへのたゆまざる研究を行う。
(3) 教育目標の達成に向かって積極的な研究・研修を行う。
(4) 信頼・協調・団結と相互理解のもと和と結束力を図る。
(5) 人権尊重の理念を正しく理解し、常に人権感覚を高めて行動する。
(6) 常に資質向上に努め、道徳や社会規範に基づき行動する。
(7)   地域や社会への貢献を考え行動する。


5 目指す学校

◎東京都立花畑学園は、一人一人の人格と個性を尊重し、児童・生徒が「希望」に満ち、「創造」 豊かに、「友情」厚い学校生活を送り、限りなく自己の可能性を開花させ、人格の完成と豊かな人間性・社会性を育む教育に取り組みます。
◎東京都立花畑学園は、専門性を協同・相乗させ、全ての教育活動の質を高め、常に特別支援教育の向上に努めます。

(1)    肢体不自由教育部門と知的障害教育部門双方の有する専門性を活かした教育を、障害の特性等に応じて受けることができる学校
(2)    健康で、安全な生活を送ることができる学校
(3)    地域社会で生き、働く力を身に付けることができる学校
(4)    地域社会を支え、地域社会に支えられる学校


2 中期的目標と方策

学校教育目標を実現するために、以下に掲げる中期的目標を設定し、児童・生徒が「溢れる希望に心を躍らせ」「豊かな創造に瞳を輝かせ」「厚い友情で友と手を取りあい」未来に向かって大きく羽ばた く一人一人であるように願い、その成長を促す全人教育の推進を全力で取り組む。


1  スクールアイデンティティーの浸透

(1)  校訓に込められた創立の精神について児童・生徒、保護者、教職員の共通理解を図る。
(2)  校歌の歌詞に込められた創立の精神について児童・生徒、保護者、教職員の共通理解を図る。
(3)  校章の意匠に込められた創立の精神について児童・生徒、保護者、教職員の共通理解を図る。


2  学園ブランドづくりの推進とその発信

(1)  柔軟で発想豊かな授業を展開できる学校としての力量、チーム力の向上
(2)  ICT機器を有効に使用した授業及び業務進行のための専門知識等の向上
(3)  センター的機能の向上と関係各署、地域等とのネットワークの再構築
 

3  専門性の協同と相乗

(1)  授業力向上のための指導・助言のできる人材の育成
(2)  多職種間の連携、専門性の共有による指導体制の強化
(3)  校外における研修参加体制の充実
 

4  結束力のある教職員及び組織体制の構築

(1)  肢知両教育部門が一体となった組織的(助け合えるフォーメーション)な業務進行体制の構築
(2)  中堅・ベテラン層による若手教職員への業務支援体制の構築
(3)  各職層がその役割を果たす校内組織の構築
 

3 今年度の取組目標方策【学校経営目標と行動計画】

1  スクールアイデンティティーの反映

(1)  校訓「希望」「創造」「友情」に込められた理念を日常の指導に反映させる。
(2)  校歌の歌詞に込められた理念を日常の指導に反映させる。
(3)  校章の意匠に込められた理念を日常の指導に反映させる。


2  学園ブランドづくりに向けた取り組み

(1)  国語、算数/数学、作業学習及び読書活動の充実
(2)  ICT機器を発想豊かに活用した児童・生徒がわかる授業づくりの推進・研修会への派遣
(3)  小中高校、足立区、荒川区、就学前、卒業後、警察署、消防署等とのネットワーク


3  専門性の協同と相乗させた授業づくり

(1) 他教育部門、他教育課程等の授業実践の参観とその後の指導・助言の実施
(2) 多職種が協同した指導実践による専門性の相乗効果を発揮した実践の推進
(3)  積極的な研究・研修の推進と研修成果の共有


4  結束力の強化、職層による役割を発揮した業務進行

(1)  肢知両教育部門の情報共有及び相互協力体制の強化
(2)  児童・生徒理解、学級経営、都民感覚等の向上のための指導・助言による組織力の強化
(3)  意思決定に係わる各職層・職種による指導・助言による教職員一人一人のスキルアップ
 

5  喫緊の教育課題解決のための取り組み

(1)  各専門職が専門性を十分に発揮するための働き方改革の推進
(2)  高い人権意識による体罰・不適切な指導の根絶、いじめの未然防止、児童虐待の未然防止
(3)  各種ハラスメントへの組織的な対応による防止と厳格なる対処
(4)  オリンピック・パラリンピック教育の推進
(5)  障害者スポーツの促進、アクティブプラン  to 2020 の推進
(6)  服務事故及び学校事故を起こさない安心・安全・温かい学校づくりの推進
 

4 重点目標の方策及び数値目標

1  スクールアイデンティティーの反映

(1)  校訓「希望」「創造」「友情」、校歌の歌詞、校章の意匠、スクールカラー「曙色」「天色」「常 盤色」のそれぞれの趣旨を指導計画等に反映させ、その浸透を図る。
▷  期限:令和2年4月から5月初旬まで
▶  担当:教務課、学部系

(2)  それぞれの趣旨を日常の指導に反映させ、その浸透を図る。
▷  期限:通年
▶  担当:学部主任、学年主任、学部系

(3)  学校評価において現状の評価を行い、次年度の取組についての改善を図る。
▷  期限:令和3年1月から2月末まで
▶  担当:企画調整会議・学校運営連絡協議会
 

2  学園ブランドづくりに向けた取り組み

(1)  国語、算数/数学、作業学習の授業参観及び指導・助言:一人1回以上
▷  期限:通年
▶  担当:全員、授業力推進リーダー(教師道場修了者等、以下同じ)

(2) ICT機器を導入した授業実践及び校内への活用例(知識や研修成果等)の紹介(一人1回以上)
▷  期限:令和3年2月末まで
▶担当:全員、授業力推進リーダー、ICT リーダー

(3)  全児童・生徒の個別のケース会、ネットワーク会議の実施
▷  期限:通年
▶  担当:担任、支援系
 

3  専門性の協同と相乗させた授業づくり

(1)  肢知相互授業参観による授業評価及び参観後の指導・助言:一人1回以上
▷  期限:通年
▶  担当:研究・研修課、授業力推進リーダー

(2)  職層、職種ごとの専門講座によるスキルアップ~《私の知識お分けします》プラン~
▷  期限:通年
▶  担当:全員、主幹教諭、授業力推進リーダー

(3)  校外(研修センター、他校等)による研修会への参加:一人1回以上
▷  期限:令和3年2月末まで
▶  担当:全員、研究・研修課


4  結束力の強化、職層による役割を発揮した業務進行

(1)  ICT機器を有効に活用した情報共有(映像、TAIMS 掲示板、メール、電子化等)の促進
▷  期限:通年
▶  担当:全員、ICTリーダー

(2)  学年会を始めとする各種ケース会や保護者会等の運営に関する先輩教職員からの指導・助言
▷  期限:通年
▶  担当:主幹教諭、運営層教職員、OJTリーダー(主任)、学部系

(3)  中堅層以上による起案(意思決定手続き)進行支援、同期による相互支援
▷  期限:通年
▶  担当:主幹教諭、各部署主任
 

5  喫緊の教育課題解決のための取り組み

(1)  働き方改革の推進
・マイ定時退庁の推進及び1日当たりの在校時間11時間以内の推進
▷  期限:通年
▶  担当:副校長、主幹教諭、経営企画課長、全教教職員

・スリム・スマートな会議運営の推進、クリーンデスクの徹底を推進
▷  期限:通年
▶  担当:副校長、主幹教諭、経営企画課長、各部署主任、全教職員

・各部署での業務内容の点検・精選・工夫等の推進:業務縮減10%
▷  期限:通年
▶  担当:副校長、主幹教諭、経営企画課長、各部署主任、全教教職員

(2) 体罰・不適切な指導の根絶、いじめの未然防止、児童虐待の未然防止
・問題への即時対応、未然防止のための教職員間による相互点検、窓口担当の配置、情報共有
▷  期限:通年
▶  担当:生活指導課、学部系、全教職員

(3)  各種ハラスメントへの組織的な対応による防止と厳格なる対応
・問題への即時対応、委員会の機能発揮、未然防止のための窓口担当者の配置、研修会の実施
▷  期限:通年
▶  担当:ハラスメント委員会、ハラスメント担当、各主任

(4) オリンピック・パラリンピック教育の推進
・全教育課程による展開により適正な授業時間の確保
▷  期限:通年
▶  担当:教務課、担任、学部系

(5) 障害者スポーツの促進、アクティブプラン  to 2020 の推進
・健康の増進、体力の向上のための創意工夫を図った取組の充実
▷  期限:通年
▶  担当:体育担当、自立活動部

(6) 安心・安全・温かい学校づくりの推進
・医療的ケアを始め、児童・生徒が健康で、安心・安全な学校生活を送るための取組
▷  期限:通年
▶  担当:保健室(養護教諭、看護師)、生活指導課(医療的ケア)
・防犯、防災教育(防災ノートを活用した授業の工夫)の推進、避難訓練の活用
▷  期限:通年
▶  担当:生活指導課、担任
・服務事故防止研修等の実施、各種事故防止推進週間等の設定
▷  期限:通年
▶  担当:副校長、主幹教諭、経営企画課長、課長代理
 
〒121-0062 東京都足立区南花畑5-24-49
電話 : 03-3883-7200 ファクシミリ : 03-3883-7155
E-mail : S0781422@section.metro.tokyo.jp